利用者の方々に喜んでもらえる製品を1日でも早く開発したいです。 開発部 第二課

入社の動機や、入社を決めた一番の魅力は何ですか?
大学では高分子化学を学んでおり、卒業後は大学で学んだ知識を生かした仕事がしたいと考えていました。就職活動中、現在の会社で大人用紙おむつの製品開発を行っていることを知りました。紙おむつには高分子が使用されており、この分野なら大学で学んだ知識を少しでも生かせるのではと思いました。
また、就職活動中、実際に工場見学をさせてもらいましたが、その時の製品の説明をしてくれた方、働いている方、1人1人の目が輝いていて、生き生きとしていたのを覚えています。こんな場所で自分も一緒に働いてみたいと思い、現在の会社に入社を決めました。
所属する部署やあなたの仕事を教えて下さい。
私が所属している開発部第二課は、介護現場に携わる商品(紙おむつ関連)の開発を行っています。 現在は開発員として、お客様にとってより良い商品を提供できるように、商品の機能性、安全性の研究を行っています。
開発部は2つの課に分かれていますが、課を越えて意見交換・情報収集のできる雰囲気の良い職場です。日常会話の中から商品開発のアイデアが生まれたりもします。皆が協力的ですので、お互いにアイデアの評価をすることも多いです。商品開発は一人の力では不可能です。社員同士が協力し、助け合うことでよい良い商品の開発に繋がります。白十字開発部は課に縛られず、皆で助け合って商品開発ができる会社です。全員で一丸となって商品開発に取り組んでいます。
一日の主なスケジュールを教えてください。
開発部はいろいろな業務を行います。商品開発に必要なスケジュールを自主的に計画し、スケジュールを決めています。開発品を作るために製造現場に行ったり、介護施設を訪問して開発品のモニターを実施したり、紙おむつ関連の製品の研究をしたりしています。その他、ジャンルを問わず様々な展示会に行き見聞を広めたりもしています。日々、商品開発のできる環境作りを整えることを心掛けています。
やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?
入社して約1年が経ち、先輩の下で日々製品開発のノウハウについて勉強中です。現在は先輩のモニターの手伝いをすることが多いのですが、利用者の方々から、「○○のここが良くなりましたね。」「○○のここを直してくれてありがとうございます。」という意見を聞くと、とても嬉しくなり、人に役立つ製品作りに貢献できているんだなと感じます。
製品開発はひとりの力だけでは不可能です。利用者の方々に喜んでもらえる製品を1日でも早く開発したいです。
仕事をする上での心がけを教えてください。
1. 誠実でいること。2. コミュニケーション能力があること。3. チャレンジ精神旺盛なこと。
この3つが基本になると思います。仕事は1人の力でやるには限界があります。いろいろな人と協力して行うものです。 素直に人の意見を聞き、自分の意見をしっかりと言い、前向きにチャレンジしていく姿勢が大事だと思います。
お休みの日は何をして過ごしていますか?
休日には趣味のバスケットボールをしています。なにか習慣にできる運動はしておくといいなと思います。運動することでリフレッシュすることができ、気の合う仲間と話をすることで、会社とはまた少し違う、考えを吸収することができるからです。また、最近はギターを弾くことも始めました。上手くなるために日々練習中です。
私自身、好奇心旺盛でいろいろなことに挑戦することが好きです。様々な分野に挑戦することで、今まで知らなかったことを知ることができるからです。どんな分野においても製品開発に役立つことがきっとあるはずです。
就職活動中の後輩へひと言お願いします。
私自身、就職活動は不安だらけでした。ホームページだけでは会社の特色は分からないと思います。
インターネットから得られる情報だけではなく、自分が少しでも興味を持った会社には、どんどん足を運んで情報を仕入れていくべきです。私自身がそうであったように、実際に足を運んで得られる情報はたくさんあります。
また、OB訪問も就職活動に大いに役立ちます。OBであれば、説明会だけでは得られない情報を話してくれるかもしれません。
就職活動は受身では何も始まりません。まずは自分でどんどん足を運んで、自分に合った会社を見つけ出すことから始めて見てください。就職活動大変だと思いますが頑張ってください。

ページトップへ