失敗をバネにするような気持ちは、常に持ち続けたい。 営業本部 札幌営業所

入社の動機や、入社を決めた一番の魅力は何ですか?
年を重ねるにつれ、老化現象を生じてくる祖母を目の当たりにして、高齢者の為に何か為になるような仕事ができればと思い、医療・介護業界を志望していました。
母が、特別養護老人ホームで介護職員として働いていることから当初は介護職員として働くことも考えましたが、介護する側、される側にとって商品という媒体を通してメリットを生み出す医療・介護用品メーカーで働くことに次第に魅力を感じてきました。
医療・介護業界に会社は数多くありますが、医療・介護業界双方に関われる会社、また、病院だけでなく一般家庭にもなじみの深い、ガーゼ、脱脂綿といった衛生材料の第1線を常に走り続けている深い歴史のある白十字で仕事ができればと思い、入社試験を受けました。
あなたのいる部署はどのような職場ですか?
私が、所属する札幌営業所は営業員12名、事務員3名の総勢15名の営業所です。年代層は非常に若く、明るく活気に満ちあふれている営業所です。年代層が若いということもあり、私としては先輩方に仕事面、もしくはプライベート面でも非常に相談しやすい環境で仕事をさせてもらっていると思っております。営業範囲としては営業12名で北海道全域をカバーしています。北海道ということもあり、冬の営業活動は非常に厳しい面もありますが、若さと気力で所員一丸となって日々仕事に励んでおります。
所属する部署やあなたの仕事を教えて下さい。
主に、療養型病院・特別養護老人ホーム・老人保健施設といった福祉施設に対して、大人用紙おむつ及び介護用品を代理店を通して販売しております。
実際の営業活動では、商品の紹介以外にも介護に関する情報の提供、大人用紙おむつの当て方について研修会の開催、施設の紙おむつのコストを少しでも削減するべくコスト削減の提案等をしております。また、時には感染対策の研修会等も開いております。
そういった日々の営業活動を繰り返すことでお客様との関係の構築ならびに快適な医療・介護の現場を作っていくような仕事をしております。
やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?
当然、入社したての頃は右も左も分からない状態で先輩方の力なしでは、満足に商品の紹介すらもできませんでした。それが、自分の力で1つの仕事をある程度こなせるようになった時には仕事に対して嬉しさとやりがいを感じることができました。
仕事をする上での心がけを教えてください。
常に前向きな姿勢を保つように心がけています。
日々の営業活動の中でお客様に自分が満足いくような上手い提案ができない、もしくは受け入れてもらえない、他社の商品に切り替わってしまう等、どうしてもうまくいかないことは多々ありますが前向きな姿勢だけは保つよう心がけています。
今もそうですが、特に入社したての頃は仕事で失敗することは多々あります。失敗して落ち込んでいるだけでは何も変りませんので失敗をバネにするような気持ちは常に持ち続けたいと思っています。
入社して自分が変ったと思うことは何ですか?
学生時代は、何も考えずに行動してしまいがちで、どうしても要領が悪くなってしまっていたように感じます。しかし、社会人として仕事をするようになって、それでは仕事をする上で通用しないということを実感しました。学生時代と比べて、少しは考えた上での行動がとれるようになったと思います。
就職活動中の後輩へひと言お願いします。
就職活動は、悩みや苦しみ等色々伴うと思いますが、前向きに取り組んで頂ければと思います。なぜなら、時間のある学生時代だからこそ、様々な企業とめぐり合うこともできると思いますし、その中で自分の進むべき道を模索していけると思います。
二度とない学生時代ですので本当に自分とって有意義な時間をお過ごしください。

ページトップへ