白十字の情報誌
動画はこちら

「自分の身は自分で守る」。職場でも、ご家庭でもできる腰痛予防体操。

平成13-14年にかけて実施された(財)骨粗鬆症財団「介護者の健康管理に関する調査研究班(委員長: 東京大学大学院・武藤芳照教授)」の委員として、介護者の腰痛に関する調査研究に従事してきました。
この調査でとくに印象的だったことは、「腰痛で悩んでいる介護職員がかなり多いこと」と「からだが硬く、筋力が弱い職員が多いこと」でした。
小柄だったり、年長の女性も数多く働いておられるわけですが、ほとんどの施設では、性別・体格・体力に関係なく、同じように仕事を割り当てられていることでしょう。
職場環境において、物理的負荷を軽減するような設備・補助器具を導入してもらったり、余裕をもった人的配置をしてもらうことも大事なことですが、何より介護者ご自身が「自分の身は自分で守る」という自覚とそのための小さな努力が必要です。
自分でできる具体的な対策として、「負荷に負けない筋力づくり」、「反復動作で緊張が高まった筋肉をほぐすストレッチング」、「正しい姿勢で介護をすること」が挙げられます。ここでは、「腰痛予防・軽減のための筋力増強運動とストレッチング」をご紹介します。この体操は、「立位・座位・床面」と実施する方自身が行いやすい方法を選んでいただけるように工夫していることと、陥りやすい悪い例も紹介しているのが大きな特徴です。毎日の勤務や日常生活の日課のひとつとして取り入れていただければ幸いです。
このHPをご覧いただいている管理職(理事者や経営者、施設長やセンター長など)各位におかれましては、体操を職員にご紹介いただいたり、出勤時にラジオ体操代わりに取り入れていただき、腰痛で悲しい思いをしている人が元気になり、いきいきと働けるような職場の気運づくりや啓発事業の参考にしていただければと願っています。

上岡 洋晴博士
介護者の腰痛の原因(3つの因子)と対策 介護者の腰痛の原因(3つの因子)と対策

ページトップへ

ムービーの再生について

ムービーをご覧になるには「Adobe Flash Player」の最新バージョンをインストールしてご利用ください。右のボタンをクリックして最新バージョンのダウンロードがおこなえます。

Get ADOBE READER

腰痛を予防するために

上岡先生のご挨拶

上岡先生のご挨拶

監修のことば

ストレッチング編

ストレッチング編

  1. 呼吸は普通に続けます。止めないように注意しましょう。
  2. 反動をつけず、ジワーと20秒以上伸ばします。
  3. 「痛い」と感じるまでやらず、その少し手前で伸ばします。
  4. 大切なのは目的としてる筋肉を正しく伸ばすことです。目的以外の別な筋肉を使ってしまうと、効果は半減します。
筋力増強運動編

筋力増強運動編

  1. 呼吸の基本は、力を出すとき吐き、力を抜くときに吸います。
  2. 大切なのは目的としてる筋肉を使うことです。
  3. 力を出したら、約5秒間、その姿勢を維持して元の姿勢に戻します。10回くらいから始めるのが無難です。
  4. コルセットやベルトは、はずして行います。

ニコニコ体操

「たくさんあり過ぎて全部やるのは・・・」「これだけは!という体操はないですか?」という声を数多く聞きます。
そこで「ストレッチング2コと筋力増強運動2コ」を「最低限毎日」行うという前提でピックアップしてご紹介します。

ただし、あくまで最低限の内容であり、これさえやればOKという意味ではありません。できる限り当ページ にてご紹介している内容を一通り実践いただくことをお勧めします。

ニコニコ体操

ページトップへ

関連アイテム

コルセットやベルトは、腰椎手術後や発症後間もない急性期の腰痛、仕事などで重たい物を持ち上げたりする場合に使用するためのものです。
腰痛予防運動を通じて筋力を鍛えながら、上手に使用しましょう。

関連アイテム
関連アイテムは ファミリーケアサイトへ

ページトップへ