介護にかかるお金施設・病院利用編

介護にかかるお金を考えるうえで、とても重要になるのは
介護保険の仕組み。介護保険の仕組みはとても細かく、
分かりづらいものです。また介護を受ける方の状態や、
どこで介護を受けるかによっても、必要となるお金は
大きく変わってきます。今回は施設入所、
入院でかかるお金について説明していきます。

介護にかかるお金施設・病院利用編

施設入所、入院でかかるお金

要介護認定を受けている高齢者の場合、介護保険施設(介護老人福祉施設、介護老人保健施設、療養型介護施設)や、有料老人ホーム、グループホームなどで生活援助・介護サービスを受けることが出来ます。その場合は介護サービス利用料の1割が自己負担となります。また、有料老人ホームなどの場合、入居一時金、管理費、食費が自己負担になりますが、介護保険施設に入居した場合も、2005年10月の改正以降は、居住費と食費が全額自己負担になっています。さらに日用諸雑費などを加えた金額が利用者の自己負担額になります。※一定所得以下の人の場合、介護保険施設の居住費、食費については利用料の一部を補足給付する制度が設けられています。

■介護度別の介護保険支給限度額と自己負担額(月額)
施設入所、入院でかかるお金
支給限度額/自己負担額
要介護1 165,800円/16,580円
要介護2 194,800円/19,480円
要介護3 267,500円/26,750円
要介護4 306,000円/30,600円
要介護5 358,300円/35,830円

※利用限度額の上限を超えて利用した場合、超過分は全額自己負担。
ただし、1割負担が一定金額を超えた場合、申請により高額介護サービス費が支給される。

指定介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

月額負担の目安:6〜10万円程度

日常生活の介護を中心とした通称「特養」と呼ばれる生活型施設で、常時介護が必要で在宅での生活が困難な高齢者が対象。介護サービスにかかる自己負担は要介護認定に応じて定額ですが、特別なケアなどを受けた場合は、加算されることもあります。ここでは通常規模でユニット型個室を整えている特別養護老人ホームの場合の、介護サービス利用料金を紹介します。

介護保険サービスの
利用料金(1日)
※ユニット型個室の場合
要介護1 6,590円
要介護2 7,290円
要介護3 8,020円
要介護4 8,720円
要介護5 9,410円

※ユニット型個室とは・・・
ワンフロア10室程度の個室に対して共同生活室が設置されている形態。居室は1人部屋の個室で、床面積13.2平方メートル以上、共同生活室(リビング)は2平方メートル×ユニットの構成人数といった基準がある。多床部屋から個室へと進んでいます。

介護老人保健施設(老人保健施設 )

月額負担の目安:6万円〜15万円

病院から家庭への復帰を重視した通称「老健」と呼ばれる療養施設で、病状は安定していて入院の必要はないが、早期家庭復帰の為に体力回復を目的としたリハビリや看護、介護が必要となる高齢者が対象です。そのため、通常は入居期間は3ケ月に制限されています。ここでは通常規模でユニット型個室を整えている老人保健施設の場合の介護サービス利用料を紹介します。

介護保険サービスの
利用料金(1日)
※ユニット型個室の場合
(看護師配置、療養強化型)
要介護1 8,960円
要介護2 9,790円
要介護3 11,630円
要介護4 12,390円
要介護5 13,150円

介護療養型医療施設

月額負担の目安:10万円前後

医学的な看護、管理に重視した長期療養型の医療施設で、病状は安定しているが、常時医療管理が必要な高齢者が対象。医療制度改革の一環として、2018年3月31日まで介護保険適用の介護療養型医療施設に限り介護保険適用が延長となり、医療保険適用の療養病床も大幅に削減されることが決まっています。

介護保険サービスの
利用料金(1日)
※ユニット型療養型個室の場合
要介護1 7,820円
要介護2 8,900円
要介護3 11,230円
要介護4 12,220円
要介護5 13,120円

特定施設入居者生活介護の指定を受けた施設

介護付有料老人ホーム

入居一時金の目安:なし〜数千万円/月額負担の目安:15〜30万円

有料老人ホームの場合、施設のグレードやサービス内容によって、入居一時金、月額費用(居住費、食費)など、必要費用にかなりの幅があります。「特定施設入居者生活介護」の指定を受けている介護付有料老人ホームであれば、サービス費用の1割の自己負担で、介護サービスを受けることが出来ます。特定施設の指定を受けていない場合でも、一般の居宅介護サービス(訪問介護や訪問看護など)を受けられる住宅型有料老人ホームもあります。ただし自立が前提のホームの場合、介護が必要になった場合に退去しなければならないケースもあるので、契約前は十分な説明を受け、体験入居をしてみましょう。

※介護サービスを受けるには、要介護認定を受けることが必要です。
※有料老人ホームが万が一倒産などして入居者が退去せざるを得なくなった場合、2006年4月以降に開設届けを出しているホームについては上限500万円が入居者に返還されます。
クーリングオフ制度もあるので、活用してください。

ケアハウス

入居一時金/月額負担の目安/15万円前後

比較的元気で自立した生活を送れる人のための施設で、居室は基本的に個室。有料老人ホームと同じく、施設が特定施設入所者生活介護の指定を受けていれば、施設内での介護サービスは介護保険の対象となります。介護サービス費用の1割と、入居費や食費の他、雑費などがかかります。

※有料老人ホームと同様、介護サービスを受けるには要介護認定が必要です。

ケアハウス
特定施設入所者生活介護
における介護サービスの利用料金(1日)
(有料老人ホーム・ケアハウス共通)
要介護1 5,600円
要介護2 6,280円
要介護3 7,000円
要介護4 7,680円
要介護5 8,380円

※有料老人ホームの場合、入居者3名に対し介護・看護スタッフ1名という配置基準を超えて、手厚い介護・看護体制を取っている施設もあり、その場合は介護費用が基準額に上乗せされます。
※個別に機能訓練を行なった場合は1日120円が加算。

認知症対応型共同生活介護(グループホーム )

入居一時金/月額負担の目安:15万円前後

認知症高齢者が、ケアスタッフや他の入居者と少人数で共同生活を送ることで、症状の軽減をはかることを目的とした施設で、居室はすべて個室。介護保険では地域密着型サービスに位置づけられ、入居費と食費が全額自己負担となります。介護保険による介護サービスを受けた場合、1割が自己負担となります。

※入所日から起算して30日以内は1日300円を加算。

介護保険サービス料金(1日)
要介護1 8,020円
要介護2 8,400円
要介護3 8,650円
要介護4 8,820円
要介護5 9,000円

サービス付き高齢者住宅

入居者 単身高齢者世帯/60歳以上、要介護又は要支援認定を受けている者
高齢者+同居者(特殊な理由により同居させる必要有と認める者)
設備 住居面積25㎡以上が原則、台所、トイレ、収納設備、浴室を備えている事。
サービス ヘルパー2級以上の者が常駐していること。
生活相談サービス、安否確認サービスが提供できる事。
各種サービスは外部サービスを利用する。
費用 敷金、家賃、サービスの対価に限定。権利金、礼金、更新料徴収は禁止。工事完了前の費用徴収は禁止。前払費用徴収の際は根拠を明示義務有、前払い返還ルール有。

ページトップへ

  • あんしん介護相談室
  • 病気・ケガを理解する
  • エイジングケア
  • お金のいろいろ活用術
    • 介護保険適用サービス編
    • 施設・病院利用編
    • 訪問介護編
    • 地域密着型サービス編
    • 確定申告医療費控除編
  • 白十字の情報誌
  • 動画ギャラリー