介護にかかるお金介護保険適用サービス編

介護にかかるお金を考えるうえで、とても重要になるのは介護保険の仕組み。介護保険の仕組みはとても細かく、分かりづらいものです。また介護を受ける方の状態や、どこで介護を受けるかによっても、必要となるお金は大きく変わってきます。ここでは在宅介護と施設に入所した場合とに分け、介護にかかる一般的なお金について説明していきます。

介護にかかるお金介護保険適用サービス編

介護保険は2000年4月1日に改定され、2回目の改定でスタート時要介護認定が6段階から7段階へ細分されました。要介護1〜5に関しては支給限度額に変わりはありませんが、要支援は1と2の2段階に細分化され、支給限度額も変わってきます。 介護保険サービスを利用する場合、利用料の1割が自己負担となります。限度額以上にサービスを利用した場合は、全額自己負担となります。また住宅改修でバリアフリーにしたり、手すりをつけるなど、介護のために住宅を改修した場合、20万円を限度に9割を、特定福祉用具を購入した場合、年間10万円を限度に9割を還付してくれます。どちらも要介護度に関係なく受けられます。

住宅改修の種類

手すりの取り付け、段差の解消、滑り止め防止や床等材料の変更、引き戸等への扉の取替え、洋式便器等の便器取替え、住宅改修に付帯して必要な住宅改修が対象です。

福祉用具貸与品目

車椅子と車椅子付属品、特殊寝台(サイドレールが取り付けられるベッド)と付属品、床ずれ防止用具、体位変換器、手すり、スロープ、歩行器、歩行補助杖、認知症老人徘徊感知機器、移動用リフト、自動排泄処理装置が対象となります。

特定福祉用具品目

腰掛便座(ポータブルトイレ)、特殊尿器、入浴補助用具、簡易浴槽、移動用リフトのつり具部分便座の底上げ部材、自動排泄処理装置の交換可能部品があります。

介護保険のサービス利用限度額は、右記の通りです。原則として認定有効期間は6カ月となっています。利用者は1割負担です。

介護保険のサービス利用限度額
要支援1 49,700円/月
要支援2 104,000円/月
要介護1 165,800円/月
要介護2 194,800円/月
要介護3 267,500円/月
要介護4 306,000円/月
要介護5 358,300円/月

在宅介護でかかるお金

在宅で介護受ける場合、通いや訪問によって受ける介護保険サービスの自己負担分と、介護保険以外に医療費などのお金が必要となります。介護保険サービスについては、これからサービスごとに必要となるお金を説明していきますので参考にしてください。あくまでも利用者負担は、1割です。介護保険でまかないきれない費用に関しては、平成13年に家計調査研究所が高齢者世帯に行った調査によると平均2万5000円程度という結果が出ています。

在宅介護でかかるお金
在宅介護費用内訳
医療費 9,160円
通院交通費 1,580円
おむつなど 1,570円
車いす・入浴用品など 3,880円
衣類・寝具 2,540円
介護保険でカバーできない介護サービス 4,020円
雑費 1,510円
合計 24,260円

介護保険サービス費用

通所介護 (デイサービス)

1.介護予防通所介護

要介護認定で要支援1・2の判定を受けた高齢者が対象で、窓口は地域包括センターになります。体力の維持や強化、栄養改善、口腔ケア指導などを行い、要介護状態となるのを防ぎます。

介護保険のサービス利用限度額
(利用者は1割負担)
要支援1 20,990円/月
要支援2 42,050円/月

※地域により若干金額が異なる場合があります。
選択的サービスを受ける場合、生活機能向上グループ活動100円/月、運動機能向上向上225円/月、栄養改善150円/月、口腔機能向上150円/月などが加算されます。昼食代やおむつ代は別途実費がかかります。ケアマネージャーにご相談ください。

2.通所介護

要介護認定で要介護1〜5の判定を受けた高齢者が対象。入浴やレクリエーション、食事などのメニューが用意されています。利用料金は施設で過ごす時間によって料金が3種類(3〜5h、5〜7h、7〜9h)に分けられていますが、ここではもっとも長い7時間以上9時間未満の利用料金を紹介します。また通常規模でサービスを受ける場合の料金をご紹介しますが、小規模(10人定員)の施設の場合、若干費用が高くなります。

通所介護の自己負担額
(通常規模・7時間以上9時間未満)
要介護1 6,900円
要介護2 8,110円
要介護3 9,370円
要介護4 10,630円
要介護5 11,860円

※従来型の特別養護老人ホームなどに併設されているデイサービスの場合、利用料金が若干異なります。

3.介護予防通所リハビリテーション、通所リハビリテーション

デイケアにプラスして、理学療法士や作業療法士などの専門家からリハビリテーションが受けられるサービスです。施設には必ず医師がいることも特徴で、医療色があります。

介護予防通所リハビリテーションの
利用限度額(利用者は1割負担)
病院又は診療所、介護老人保健施設の場合
要支援1 24,120円/月
要支援2 48,280円/月

※地域により若干金額が異なる場合があります。

選択的サービスを受ける場合、運動機能向上向上2,250円/月、栄養改善1,500円/月、口腔機能向上1,500円/月などが加算されます。昼食代やおむつ代は別途実費がかかります。

通所リハビリテーションの自己負担額
(6時間以上8時間未満)
要介護1 6,710円
要介護2 8,210円
要介護3 9,700円
要介護4 11,210円
要介護5 12,710円

ページトップへ

  • あんしん介護相談室
  • 病気・ケガを理解する
  • エイジングケア
  • お金のいろいろ活用術
    • 介護保険適用サービス編
    • 施設・病院利用編
    • 訪問介護編
    • 地域密着型サービス編
    • 確定申告医療費控除編
  • 白十字の情報誌
  • 動画ギャラリー