実は乾燥する夏こそ保湿ケア

夏の肌は、汗もかいてしっとりと潤っているように感じたり
皮脂分泌の盛んなことから脂っぽさを感じるもの。
けれど実は、冷房や紫外線などで、肌は乾燥しやすくなっています。
肌が乾燥していると、さらに過剰な皮脂分泌を招いたり
吹き出物の原因になることも。
冬に比べて乾燥に気づきにくい夏こそ、しっかり保湿ケアが
大切なのです。

実は乾燥する夏こそ保湿ケア

普段の生活を見直しましょう

高温多湿な夏の気候は、肌を乾燥させる要因に。すこしの意識でケアできるので、取り入れましょう。

汗

湿度が高いと、そのぶん汗をかきやすくなるもの。
汗をかいたままにすると、汗と一緒に肌の水分も蒸発してしまうのでこまめに拭きましょう。
拭くときにも水分は奪われるため、たくさん汗をかいたときは汗や汚れをしっかり拭き取った後に、化粧水で潤い補給するのもおすすめ。

エアコン

冷房は室内を乾燥させて、肌の水分も蒸発させやすくします。また室内と屋外の温度差から汗が出やすくなることでも肌が乾燥しやすくなります。 エアコンは27℃ほどに控えるようにしましょう。

紫外線

シミやシワの原因になる紫外線は、肌の乾燥も起こします。日焼け止めや日傘、オーガニックコットンを使った洋服はUVカット効果があるので活用しましょう。
逆に、肌に潤いがあると紫外線を反射できるので、紫外線ケアにも保湿は大切。

メイク

夏は、リキッドよりもさっぱりしたテクスチャーのパウダーファンデーションを使う方も多いでしょう。
でもパウダーは一般的に吸湿性があり、肌の水分が奪われやすくなるので注意。パウダーを使うなら、保湿性の高い下地を選んで。

保湿ケアもしっかり

乾燥対策をするだけでなく、肌状態に合わせて潤い成分を補給していきましょう。

肌チェック
日中は汗もかいているので、あまり乾燥を感じることはないのでは。洗顔後の肌が本来の肌状態なので、スキンケアの前に鏡でシワのチェックをしたり、手のひらで肌状態を確かめましょう。ザラつきやくすみを感じたら、乾燥の合図。

しっとりタイプの化粧水
朝晩のスキンケアは大切ですが、なかでも肌の水分の蒸発を防いでくれる保湿成分、セラミドが配合されたアイテムが効果的。他にもヒアルロン酸やコラーゲンなど、保湿作用のある、しっとりしたテクスチャーのものを選びましょう。

体の内側から補給
ビタミンAは代表的な肌の潤いを強化する成分で、モロヘイヤやレバー、うなぎなどに豊富です。また暑いとそう麺やアイスなど、冷たいものを摂りがちに。体 が冷えやすく、冷えると新しい肌が生まれにくくなって乾燥やくすみやすくなります。エキストラバージンオリーブオイルやえごま油は体を温めたり、肌の潤い アップに効果的。ドレッシングを作る時に使うなど、加熱せず摂るのが効果的です。

ページトップへ

  • あんしん介護相談室
  • 病気・ケガを理解する
  • エイジングケア
    • vol.1 秋冬の乾燥対策
    • vol.2 日差しは肌の大敵!
    • vol.3 美的食生活
    • vol.4 お肌も衣替えの季節
    • vol.5 体の中からアンチエイジング
    • vol.6 骨盤ケア
    • vol.7 保湿ケア
    • vol.8 くすみにはWケア
    • vol.9 肌の乾燥の大敵
  • お金のいろいろ活用術
  • 白十字の情報誌
  • 動画ギャラリー