油を味方につけて体の中からアンチエイジング

年齢を重ねると、揚げ物などよりもさっぱりとした
食事を好むようになるのが一般的。
でも健康な肌のためには油分が必要です。
でも油の摂り方次第では、体の中で炎症を起こしたり
酸化してしまうので注意。
バランスを考えて油を摂り、体の中からきれいになりましょう!

油を味方につけて体の中からアンチエイジング

油には種類があります

油を構成する脂肪酸は大きくわけると3つに分類できます。
この3つの脂肪酸をバランスよく摂ることが大切。

飽和脂肪酸

飽和脂肪酸
常温では固体で存在している、バターなどの油。摂りすぎると肥満や動脈硬化などにつながりますが、不足すると血管がもろくなったりします。

n-6系脂肪酸

n-6系脂肪酸
リノール酸が代表。いわゆる大豆油やコーン油などいわゆるサラダ油に含まれる油の多くはn-6系脂肪酸。コレステロールを下げる働きがありますが、摂りすぎるとかえってコレステロールが高くなったり、炎症を起こしてアレルギーになりやすくなったりします。

n-3系脂肪酸

n-3系脂肪酸
α-リノレン酸が代表。魚の油(DHAやEPA)やシソ油などに含まれます。コレステロールを下げる働きのほか、リノール酸が持つ炎症作用を抑えてアレルギーを緩和してくれる働きがあります。

n-9系脂肪酸

n-9系脂肪酸
オレイン酸が代表。オリーブオイルが代表です。酸化しづらい油として知られています。

油はどうやって摂る?

まず肉やバター、ケーキなどが好きな人は飽和脂肪酸量を減らすよう工夫が必要。次にふだんの食生活ではn-6系脂肪酸を摂り過ぎやすいため、積極的にn-3系を摂りましょう。n-3系脂肪酸は酸化しやすいので、加熱せずドレッシングなどに使うことが大切。魚から摂る場合、刺身で食べるか調理してすぐ食べればOK。また炒めものなどをするときは油バランスに影響しないn-9系のオリーブ油を使うのもおすすめです。

油によるサビを防ぎましょう

緑黄色野菜

油は酸化してしまうと活性酸素のかたまりに! 揚げ油を何回も使ったり、揚げてから時間がたったフライなどを食べるのは避けましょう。また油は体内に入ったあとも酸化していきます。そのため抗酸化作用の高い緑黄色野菜などをたっぷり摂ることで老化の原因となる酸化=サビを防いでください。

ページトップへ

  • あんしん介護相談室
  • 病気・ケガを理解する
  • エイジングケア
    • vol.1 秋冬の乾燥対策
    • vol.2 日差しは肌の大敵!
    • vol.3 美的食生活
    • vol.4 お肌も衣替えの季節
    • vol.5 体の中からアンチエイジング
    • vol.6 骨盤ケア
    • vol.7 保湿ケア
    • vol.8 くすみにはWケア
    • vol.9 肌の乾燥の大敵
  • お金のいろいろ活用術
  • 白十字の情報誌
  • 動画ギャラリー