肌老化を深刻にする秋・冬の乾燥対策

いよいよ本格的な乾燥シーズンが到来します。
空気が乾燥していると、肌の水分もどんどん奪われて
カサカサ肌に……。
肌の乾燥はシワなどに大きく影響するため、
正しい保湿でしっとり美肌を維持しましょう!

肌老化を深刻にする
秋・冬の乾燥対策

10月からは肌の乾燥警報が発令!

10月からは肌の乾燥警報が発令!

カラリと晴れた秋空は、とても気持ちがいいもの。でもそのカラッとした空気が肌にとっては大敵なのです。右のグラフから分かるように、湿度低下にともない、肌の水分はどんどん蒸発してしまいます。さらに寒くなって暖房をかけるようになると、ますます湿度が下がり肌の乾燥が深刻化します。

乾燥はどんどん肌を老化させる

健康な肌 衰えた肌

肌が乾燥するとくすんで見えたり、化粧ノリを悪くするなど、さまざまなトラブルが起こります。でも乾燥の脅威はそのような表面的なトラブルだけではありません。人が生きるために水が欠かせないように、細胞も水分がなくては生まれ変わることができずに、新陳代謝が衰えてしまいます。そうなると弾力のもとであるコーラゲンなども減ってしまい、シワやたるみなどの老化トラブルが起こってくるのです。

角質の水分量

肌に触れた時に、なめらかに感じるのは、肌の表面の角質層がたっぷりの水分を抱いているため。逆に角質層が水分不足だと、肌はゴワつき、化粧ノリが悪くなるとともに、肌色もくすんでいくのです。角質層の水分は、年齢とともに減少してしまいます。そこへ秋冬の湿度低下がプラスされると、さらに深刻な水分不足となるので注意が必要です。

毎日のケアでお肌のうるおいはグッとアップ!

毎日のケアでお肌のうるおいはグッとアップ!

このように若々しい肌にとって、水分はとても大切なもの。毎日のケアで肌に水分を与えているのは、もちろん化粧水です。でも化粧水のつけ方次第では、肌のうるおい度は大きく変わります。 化粧水を肌の奥までしっかり届けたいなら、コットンを利用するのがオススメ。手でパシャパシャとつけただけでは、肌の表面につくだけですぐに蒸発してしまいます。コットンを使い、肌の奥まで浸透させることで芯からうるおう肌へと変わるのです。

コットンパックでさらにうるおう肌へ

コットンパックでさらにうるおう肌へ

乾いた肌にはなかなかうるおいが浸透しません。ローションを含んだコットンでパックをすることで、肌のうるおいを高めましょう。まずコットンを数枚に裂き、乾燥が気になる場所に貼り付けて3分ほどおきます。すると、肌は見違えるほどうるおうので、是非お試しください!

ページトップへ

  • あんしん介護相談室
  • 病気・ケガを理解する
  • エイジングケア
    • vol.1 秋冬の乾燥対策
    • vol.2 日差しは肌の大敵!
    • vol.3 美的食生活
    • vol.4 お肌も衣替えの季節
    • vol.5 体の中からアンチエイジング
    • vol.6 骨盤ケア
    • vol.7 保湿ケア
    • vol.8 くすみにはWケア
    • vol.9 肌の乾燥の大敵
  • お金のいろいろ活用術
  • 白十字の情報誌
  • 動画ギャラリー